冬の必需品は年々進化を遂げている

作業服

これから長い冬の時期になると需要が増えるのが、瞬時に体を温めることができる電熱ヒーターです。電熱ヒーターは電気を通す同船に、高圧の電気を流すことで発熱させる機器になります。この電熱ヒーターの特徴といえば、やはり最高温度に達するまでの時間が短いことです。銅は電気を通しやすい性質を持つ金属なので、電気によって発熱することで遠赤外線を放出します。遠赤外線は体の皮膚を通り抜けて血管の血液に影響をすることで体を瞬時に温めてくれます。石油ストーブと違い空気を温めるわけではないので効果範囲は狭いですが、併用することによって迅速に体を温めることができます。そんな電熱ヒーターですが室内を温めるだけじゃなく、利便性が進化し様々なところで使われるようになっています。

外出中の暖房に使われている

暖房器具

これまでの電熱ヒーターといえば、自宅のコンセントにさして体を温めるという機器が一般です。その後瞬時に体を温められるという性質を有効活用したいという要望で、様々な場所で活用できるように改良されています。その改良点の一つが、小型ファンヒーターという形でジャケットに装備する形です。バッテリーにつないだ小型のヒーターを作動させて、取り込んだ空気を温めて服の中に流すという仕組みです。設定温度は変えられるようになっており、気温によってお好みの温度に変えることが可能です。特にこのジャケットの中に設置するヒーターが喜ばれているのが、工事現場など外で働く人たちです。これまでカイロ程度の装備だけで凍えながら仕事をしていた人たちが、このヒーターの登場により体を冷やしすぎずに快適に仕事ができるようになっています。

ヒーターの力で農作物を育てる

作業服

室内だけでなく外出中の暖房も可能になった電熱ヒーターですが、そのメリットを生かして農業分野にも大きな影響を与えるようになっています。これまでの農業は外で育てる形が定番でしたが、近年では地球温暖化の影響により大型の台風やゲリラ豪雨だけでなく冬場でも唐突に氷点下まで下がるという異常気象になることが増えています。そのため外で育てることが難しい環境下になっており、安定した食料供給をするために別の方法の模索されるようになっているのです。その模索として活用されているのがハウス栽培と、ビルなどの大型の建物の一角を使った室内栽培です。ハウス栽培は野外に大きなテントを作ることによって、大雨災害が起きた時でも作物への影響を最小限に食い止めることができます。このハウス栽培をする際に特に夜中の温度を一定に保つときに、この電熱ヒーターを使うことによって作物の生育に最適な温度を維持できるので年中においておいしい作物を育てることが可能です。そして室内栽培においても温度を変化させることで、病気や虫の影響を受けずに世界中の作物を育てることができるようになります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中